トップページ > いただきます

ドキュメンタリー いただきます

「いただきます みそをつくる こどもたち 劇場版」

しあわせは、食卓のなかにある。
笑って、泣いて、ほっこり元気をもらう、
子育てエンターテイメント・ドキュメンタリー。

福岡市 高取保育園。
そこには、まるでタイムトリップしたような
懐かしい日本の子育てがありました。
素足で駆け回り、竹馬で遊ぶ。
真冬でも、薄着、素足で風邪を引かない。
自分たちが飲むみそ汁のみそを毎月100キロづつ仕込む。
給食は、医食同源に基づいた、玄米、みそ汁、旬の惣菜。
和食が苦手だと思われている現代っ子ですが、ここでは、毎食完食です。
高取保育園は、増え続けるアレルギー園児の解決策を食のあり方に探り、
毎年入園してくるアレルギー園児の症状を改善しています。
アレルギーのお子さんを持つお母さんは、必見です。
驚きの「高取育児」に、日本中から教育視察が絶えません。
よく食べ、よく遊ぶ、元気な子育てのヒントが満載です。

神奈川県の麦っこ畑保育園も30年前から和食給食を導入。
ふたつの保育園の育児からみえてくるのは、
古き良き日本の食卓がつくる、こどもらしい、たくましい命です。

発酵学の第一人者である小泉武夫 東京農業大学名誉教授の知見や、
予防医学医 奥田昌子の最新の遺伝子研究の成果から、
先人たちの食の英知・食養生を、現代人のための健康法として浮かび上がらせます。
映画「みんなの学校」に出演、元大空小学校校長 木村泰子は、高取保育の本質を語ります。

ナレーションの石田ゆり子のやわらかな声が、子どもたちの成長をあたたかく包み、
坂本美雨の歌声が、子守唄のようにやさしく響きます。
挿入歌は、谷川俊太郎作詞の「いま、生きているということ」。

プロデューサーは、映画「はなちゃんのみそ汁」の原作者、安武信吾。
長女の安武はなちゃんは、高取保育園の卒園生。
市民有志の寄付金だけで作られた、みんなのドキュメンタリーです。
監督、撮影は、映像作家のオオタヴィン。
子どもたちの質実な佇まい、昔ながらの子育てに秘められた豊潤な精神文化、
その輝きを追いました。
公開18ヶ月、口コミだけで46県まで広がり、全国で劇場公開された
ピュア・ドキュメンタリーです。

「いただきます 劇場版」(2017/日本/75分/16:9/デジタル)

ナレーター:石田ゆり子
エンディングテーマ:坂本美雨 with CANTUS 「星めぐりのうた」
挿入歌:作詞 谷川俊太郎 作曲 歌 小室等 「いま 生きているということ」
出演:出演:西福江(高取保育園園長)、大島貴美子(麦っこ畑保育園園長)
高取保育園、麦っこ畑保育園の元気な子どもたち
小泉武夫、奥田昌子、木村泰子ほか
監督・撮影・編集:オオタヴィン
プロデューサー:安武信吾
製作:いただきます製作委員会・イーハトーヴ スタジオ

写真:高取保育園園長 西福江

高取保育園園長 西福江(にしふくえ)

1929年福岡県生まれ。86歳(2015年)
開園時から園長を勤める。
「知育、体育、徳育の根本に食の教育がある」の信念のもと、
玄米、手づくり味噌を中心とした食育を実践している。
1992年藍綬褒章受賞。2015年瑞宝双光章受賞。

画面:いただきます みそをつくるこどもたち

画面:いただきます みそをつくるこどもたち

西園長 語録

「食は命をつくる」

生まれた土地の食物を食べ続け、それを何万年も続けてきた結果が、
今の私たちの身体です。
日本人の身体は、その土地で採れた伝統的なものを食べて暮らすときに、
最も健康でいられるようにできているのです。
この考え方を「身土不二」といいます。

戦前はアトピーやアレルギーの子はほとんどいませんでした。
日本は戦後学校給食が始まったのを境に、食生活が極端に西欧化しました。
さらに日本人の食生活が大きく変化したのは、高度経済成長期のことでした。
このころを境に「食」に大きな変化がありました。
炭水化物摂取の主流が、お米から小麦に。
タンパク質は魚・大豆から牛乳・肉へ。
おかずは、野菜から脂肪分の多いものへ。
調味料は、醤油・味噌から、砂糖・ソース・マヨネーズへ。
家族食から、外食へ。
急激な食の変化は、弱いこどもたちに一番に跳ね返ってきました。
アトピー、アレルギーの原因のひとつに食があります。
玄米和食の給食によって、毎年こどもたちのアレルギーが改善されています。
当園に通わせるために引っ越して来られる家庭も珍しくありません。

もう一度、日本人の当たり前の暮らし、当たり前の食事に帰ろう、
保育の原点に立ち返り、命のいとなみを取り戻そう、
そんな想いで、玄米和食の給食を続けてきております。

画面:いただきます みそをつくるこどもたち

画面:いただきます みそをつくるこどもたち

画面:いただきます みそをつくるこどもたち

画面:いただきます みそをつくるこどもたち

Photo : VIN OOTA

「ほんものの味噌」

市販の味噌は添加物を使って20日程度で作ってしまいます。
大量生産のため加熱処理されると、発酵が止まってしまいます。
本物の味噌は生きた酵母が呼吸しています。
高取では、日本でも数少ない種麹屋である「椛島商店」の麹を使い、
毎月100キロの味噌をこどもたち自身が作ります。
自分たちで作ったものをを食べることで、食に深い関心が生まれます。
人間は経験したことしか記憶に残りません。
そうしてできたみそ汁のおいしさは格別です。
昔ながらの本当のお味噌のおいしさを、
こどもたちの身体で知ってほしいのです。

「百回かんで食べましょう」

給食の時間は 食事のマナーを身につける時間でもあります。
食べる姿勢を整えることが
「食べ物のいのちに感謝する気持ち」につながっていきます。
玄米をよく吸収するためにも、
食事の前に「よく噛めよのうた」を歌ってから
よく噛んで給食をいただきます。

「丸ごといただく」

「一物全体」とは、食材を丸ごと食べることで
すべての栄養素をとりいれることができるという
マクロビオティックの考え方です。
その根底にあるのは「大切ないのちを丸ごといただく」
という感謝の心です。

「いくら身体に良くても、おいしくないと続かない」

こどもの舌は繊細です、小さい子ほどおいしいものがわかるのです。
マヨネーズ、ケチャップ、ソースは使いません。
肉のうまみや、化学調味料に頼らない、素材本来のおいしさを、
こどもたちの味覚形成時に伝えたいのです。

「空腹こそ、最高の調味料です」

高取では、こどもたちは裸足で園庭を駆け回ります。
こどもは風の子、子どもは野山を裸足で駆け回るのが本来の自然な姿。
駆け回らせないのは、自然に反したことなのです。
運動したこどもたちは、食欲旺盛です。給食の食べ残しは、ほとんどゼロ。
空腹こそ、最高の調味料なのです。

▲ページのトップへ