トップページ > 自主上映会を、初めて開催される方へ

自主上映会を、初めて開催される方へ

 まず、上映会のテーマを決めてください。

★子育て中のお母さんに、美味しいエールを送りたい
★映画館に行けない乳幼児連れの親子に、映画をプレゼントしたい
★みそ作り みそ玉作りを、親子で体験してもらいたい
★和食、発酵食品の素晴らしさを伝えたい
★農と食 地産地消の大切さを伝えたい
★学校行事、地域の行事で上映したい
★社員研修で、食育意識の向上をはかりたい

この映画を通じて、伝えたいメッセージを決めてください。
そこから、どのような上映会にするのか、発想していってください。

「いただきます」は体験する上映会を目指しています。
上映後に、紙コップ&みそ玉にお湯を注ぎ、みそ汁を一杯飲むだけでもいいんです。
「視覚」と「聴覚」だけではなく、「味覚」「嗅覚」が加わると
映画館では体験できない「体験」となります。
みそ玉作り、手作りみそWS、親子で和食クッキングなど、
このHPの上映会情報で、過去の上映コンテンツがご覧いただけますので
企画、会場選び、料金設定など参考にしてみてください。

 企画が決まったら、具体的な開催日・会場を決めてください。

上映会の開催にかかる主な経費です。

①会場費
②プロジェクター、スクリーン機材費
③DVDレンタル費
④チラシ印刷費用
⑤スタッフ人件費、諸経費

映画の動員目標、入場費を決めて、

全体予算から、会場の選択などを算出してください。

◉ 個人・NPO主催の場合は、1回のレンタルに際し、2日間、何度でも上映可能です。
◉ 経費削減のため上映機材が揃っている会場(公民館など)での上映をお勧めします。
◉必ず「予約」制度を導入ください。
刻々と、入場者数が把握でき、告知活動を都度見直しできます。
前売り料金100円でも差額がある方がベターですが、当日料金と同額でも構いません。
◉複数回上映される場合は、「乳幼児連れ歓迎上映会」を検討ください。
お子様がまだ幼くて映画館に連れて行けないお母さんたちにとても喜ばれています。
これも、映画館ではできないことです。
◉オススメ上映開始時間
◎平日乳幼児連れ歓迎上映会10時〜 ◎休日一般上映会13時〜 ◎平日一般上映会19時〜

上映会を開催する仲間を集めてください。超重要!

 「観客の皆さんの声」を読んでみてください。
http://itadakimasu-miso.jp/voice.html

「いただきます」の上映会後のアンケート5段階評価です。
毎回、ほとんどの方が「ものすごく良かった」「良かった」と答えられます。

①ものすごく良かった120名 ②良かった23名 ③ふつう1名 ④良くない0名  ⑤不満0名
札幌上映会 2017年6月2日 (土)3日(日) アンケート回答者 144名

①ものすごく良かった
123名
 ②良かった31名 ③ふつう0名 ④良くない0名  ⑤不満0名

山形上映会 2017年7月8日 (土) アンケート回答者 154名

①ものすごく良かった
153名
 ②良かった21名 ③ふつう1名 ④良くない0名  ⑤不満
0名
鹿児島上映会 2017年5月20日 (土)21日 アンケート回答者 175名

でも、ドキュメンタリー映画の場合は、
チラシを置いたり、WEB告知だけで、たくさんの方に見てもらうのは大変です。

どうしたら、感動を共有できるお客様を集められるのでしょうか。

★★ まず、一緒に上映会を運営してくれるの仲間(上映スタッフ)を集めてみてください。

球技と同じで、どういうメンバーが集うか、がとても重要です。
地域で昔から食育活動やみそ作りをされている方、学校関係者・PTAの役員の方、
自然食品店、オーガニックレストラン、自主上映経験者、数名で上映スタッフを作り、
チーム運営をした上映会は、200名、300名と、盛況でした。

個人開催される方、初めて開催される方は、
正式申し込み入力する前の段階で、「いただきます製作員会」に
まず、メールでお気軽にお問い合わせくださいね、いろいろご相談にのれます。

相談メールをいただき上映会計画詳細がかなり決まった方には、
サンプル版DVDをお送りすることも、できます。
(上映計画が無いメールで、いきなり「サンプル版視聴希望」にはちょっと対応できません。)

初めて上映会を開催する地域の場合、2か月以上の告知期間を考慮ください。
会場、スケジュール、入場料金など、すべてが決まったら、
いただきますホームページ申し込みフォームより、正式にお申込みください。
入力された内容は、当ホームページ上映会情報に掲示されます。

http://itadakimasu-miso.jp/schedule/ 

 

 

  地域で告知活動を開始してください。

上映会に参加された観客の方が、何のメディアで上映会情報を知ったのか、調べてみました。

◉ 札幌上映会のアンケート結果 お客様343名 2日間開催
アンケート回答者 144名 女性121名 男性23名
友人・知人の口コミ 97名 チラシ17名 フェイスブック36名 WEB5名 ラジオ2名
◉ 山形上映会  お客様382名 1日間開催
アンケート回答者 154名  女性130名 男性24名
友人・知人の口コミ 88名 チラシ28名 フェイスブック15名 WEB12名 新聞記事6名
 
圧倒的に口コミなんです!!
札幌上映会も山形上映会も、主催者を中心に、数名の上映スタッフや上映サポーターが、
「いただきます札幌上映委員会」や「いただきます上映委員会in天童」を作り
映画の感動を、一人一人、友人、知人に広げ、観客の和が広がっていきました。
 

「食育」という言葉に拒否反応が出るお母さんがたくさんいます。
例えば、こんなアンケート。
 
★ 私は共働きの主婦で、幼い子供が一人います。
毎晩7時にクタクタで帰宅する今の私には、とっても厳しいです。
だから、この手の記事や映画はずっとスルーしてきました。
まさか、こんなにほっこり癒され、、自分でも驚きです。 東京30代 働く主婦
もっとストイックな内容かと思っていましたが、
カンタン和食などがあって、楽しかったです。 27歳 女性
 
実際に「いただきます」を見た方の印象は、こんな感じがほとんどです。
 
★ 「食育」というと堅苦しく感じてしまうのですが
このドキュメンタリーは押し付けがましさもなく、大切なことを受け取ることができました。39歳 女性
子どもたちが一生懸命食べる姿に、心がぽかぽかして元気が出ました。  40歳 主婦
  
「いただきます」は、いわゆる「食育映画」ではなく、
「笑って、泣いて、ほっこりできる子育てエンターテイメント」なんです。
「食育映画は煩わしい」という先入観を解くためにも、
上映スタッフからの口コミがたいせつなのです。
 

◉フライヤーの作成
正式申し込み頂いた後に、フライヤー(チラシ)データを、送信いたします。
チラシは、できるだけ手渡しで想いを伝えてください。印刷枚数は最小限で構いません。

参考までに
「いただきます」の公式チラシの印刷仕様は以下です。

印刷会社例 プリントパックB5  両面四色 (カラーコピー400部より安くできます)
http://www.printpac.co.jp/pricelist/list.php?product=leaflet&size=11&paper_type=2&paper=7&noki=5_4&changed=&proceed=on

★「いただきます」は、農林水産省推奨映画です。
以下の画面を提示いただくと、公共施設にチラシを置くことができます。
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/itadaki_masu.html
 

◉予告編は、映像内容がわかりやすく告知効果が高いです。
以下の予告編アドレスを、ブログや招待メールにコピペください、スマホでも見れます。

「いただきます」予告編 
https://www.youtube.com/watch?v=-vt4c8-WrvU

「その後のはなちゃんのみそ汁 G I F T」予告編 
https://www.youtube.com/watch?v=54zHFHuLXns

石田ゆり子さん 「いただきます」推薦コメント 
https://www.youtube.com/watch?v=THHomznz1pg

◉フェイスブックの「シェアしていただきます」にも予告編を収録しています、
イベントページなどでお使いいただけます。

 

 上映日2週間前

DVD一枚とバックアップ用のDVD一枚を上映日2週間前にお送りします。
会場にブルーレイ再生機がある場合は、DVD一枚、ブルーレイ一枚を送りすることもできます。
ブルーレイの方が画質、音質がすごく綺麗です。

◉古いDVD再生機などでは、稀に再生されない、映像が中断する可能性があります。
当日のチエックでは、対処が間に合いません。
上映日の3日間前に、当日再生される機材で早送りしないで
全編再生チェックをお願いいたします。

◉DVD に同封されたアンケート用紙をお使いください。
アンケートの感想スペースが広いと、ぎっしり感想を書かれる方が多いです。
お手数ですが、予約人数分をコピーしてご用意ください。
アンケートは、入場者の方全員に書いていただいてください。
アンケートは宝物です。原本は郵送いただき、主催者さまもコピー保管していただいて構いません。

    いよいよ、どきどきの上映会開催です!!

◉プロジェクター明るさ調整のお願い
プロジェクターの「明るさ調整」を、「やや暗め」に設定ください。
アイフォンで見られる「いただきます予告編」と画面の明るさ合わせてください。
明るい画面で上映されている上映会が多いのですが、
明るすぎると細部が白く飛んで、料理や子供の表情が伝わりません。

◉会場の一番後ろの席で スピーカーの音量をチェックください。

上映前 以下のアナウンスお願いします。

まず、主催者の方が、なぜ、自主上映をしようと思ったのか、
あなたの熱い想いを、端的に伝えてください。

この映画に出演しているこどもたちには、すべて「肖像権」がありますので
上映中の撮影はご遠慮ください。

この回は、「乳幼児連れ歓迎上映会」です。
上映中の授乳も、オムツの交換も、会場内でどうぞ。
お子様の声も映画との素敵なコラボだと考えて、
みんなでワイワイ言いながら、映画を楽しみましょう。
 
上映後 以下のアナウンスお願いします。
 
みなさん、映画はいかがだったでしょうか。
感想がいろいろあると思います。(その場で観客同士 感想をシェアしてもいいですね。)
本日、帰られる前に、ぜひ、アンケートに感想を書いていってください。
 
いただきますは、市民の寄付金だけで作られた映画なので、宣伝費がありません。
みなさんのフェイスブックなどに感想を投稿していただくことも、映画情報の応援になります。
 
「いただきます」は、自主上映だけで公開している映画です、
自分で主催したい、と思う方は自主上映のチラシがあります。(DVDに同封)
友人や家族にも見せたい、という方は、
市町村の食育窓口やPTAなどに、上映会のリクエストをしてみてください。
 
本日は、ご来場 ありがとうございました。
 

上映会終了後、1週間以内にお願いいたします。

①DVD 今回 同封のクッションに包み、ご返送ください。
②上映報告書の記載と返送
③アンケート用紙の送付
④「600円× 鑑賞者数」のレンタル費用を指定口座にお振り込みください。
高校生、中学生、小学生は無料となります。

それでは、涙と笑いの上映会が
お愉しみいただけますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今まで上映会を主催された皆さんからの体験談です。

 札幌上映会主催者 
松本千里 
「いただきます」札幌上映実行委員会 代表

2017年 6月2日 (土)3日(日) 4回上映 料金:前売り料金1500円 当日1800円 
お客様343名(大人243名)
◎アンケート回答者 144名  女性121名 男性23名
10代4名 20代13名 30代56名 40代45名 50代23名 60代15名 70代3名
◎上映会情報を知ったメディア
友人・知人の口コミ 97名 チラシ17名 フェイスブック36名 WEB5名 ラジオ2名
◎映画観賞後の144名の5段階評価
①ものすごく良かった120名 ②良かった23名 ③ふつう1名 ④良くなかった0名  ⑤不満だった
0名

わたしの告知活動
私は自然栽培で、野菜を大切に作っています。
「高取の子どもたちのように美味しく、きれいに食べて欲しいなぁ」、
「食べることの大切さを知って欲しいなぁ」、という気持ちが上映会開催のきっかけでした。
2017年3月に札幌で、初めてのいただきます上映会を主催しました。
その時の観客の方の何名かが、とても感動されて、
「また見たい、知り合いにも見せたい」という声に後押しされる形で上映実行委員会ができました。
今回の上映会はコアスタッフが4名で、それぞれが仕事の合間に
サポーター試写会をして、試写を見たサポーターの皆さんが口コミで広めていただけたのが、
大きな集客につながりました。
スタッフが、市内のお店を回って、チケット取扱店を10件まとめてくれて
それを、二つ折のチラシの裏面に印刷して配布したことも効果的でした。

6-2札幌表  会場-スクリーン2

1日目の上映会の後に、
「明日もここで上映会があるので、感動された方は感想を、SNSや口コミで広めてください」と
場内アナウンスしたことで、口コミで2日目の来場数が大きく伸びました。

スタッフの間で、上映会が終わり高取の元気な子どもたちの姿が見られない事を
「いただきますロス」と冗談で言っています。笑! 定期的に上映会ができるといいな。

これから上映される方へ
私は、ただ窓口になっただけで、スタッフ、サポーターの方がどんどん動いてくれました。
スタッフの方、サポーターの方との連携が、何より大切だと感じました。


スタッフ会場-子供

◉ 山形上映会主催者 
結城こずえ 
「いただきます」上映実行委員会in天童 代表

2017年 7月8日 (土)2回上映 料金:前売り料金800円 
お客様382名(大人274名)
◎アンケート回答者 154名  女性130名 男性24名
10代2
名 20代21名 30代40名 40代17名 50代26名 60代28名 70代5名80代1
◎上映会情報を知ったメディア
友人・知人の口コミ 88名 チラシ28名 フェイスブック15名 WEB12名 山形新聞記事6名
◎映画観賞後の154名の5段階評価
①ものすごく良かった123名 ②良かった31名 ③ふつう0名 ④良くなかった0名  ⑤不満だった
0名

わたしの告知活動
当初、公共施設で上映予定だったのですが、
プロジェクターが古く、音響も良くありませんでした。
イオンモールを思いついたのですが、会場レンタル費は高額。
上映後に、地産のおにぎりを映画館内で試食することを条件にJAさんに交渉、
映画館レンタル費用の80%を、JA共済さんが協賛してくれる事になりました。
イオンモール天童の支配人の方の判断で、JA産の野菜を使った味噌汁も館内で飲め、
さらに、乳幼児連れ上映OK、乳母車置き場、おむつの交換台まで用意してもらいました!
上映スタッフ6名で手分けして、口コミでチラシを配りました。
天童のJAさんでも、ポスターを貼り、チケットを販売してもらいました。
当日のボランティアスタッフは4名。たくさんの方々の協力で、映画館での上映が可能になりました。
今回、自分も映画館で初めて見て、最初に音楽が鳴った瞬間に、すごいと思いました。
イオンの大画面なので、映像も美しく迫力があり、「映画を見た!」満足度がありました。
新鮮な素材、手作りのものは美味しいということを、参加された皆さんとぜひ共有したく、
オール地場産素材で冷汁と5分づき玄米のおむすびを提供させて頂きました。
小さなお子さんもパクパク召し上がってくださる光景は本当にうれしかったです。

19875679_1250526431740156_952553185163661048_n  19756421_1570180163075319_7826598257917296528_n (1)

これから上映会をされる方へ

1、大画面、良い音響、映画館で鑑賞できるお客様
2、地産の農作物のアピールができるJAさん
3、映画帰りの買い物客が増えるイオンさん
4、観客動員が達成できるイオンモール映画館さん
5、負担を減らしながら上映ができる主催者さん
6、本来のクオリテイで上映できる「いただきます制作スタッフ」
「6方良し」の上映会となりました。
上映会の開催リスクを軽減できる、このような方法もありますよ〜
これからも、食やいのちを考える活動を続けていきたいと思います。

IMG_2486  2460     

 

 鹿児島上映会主催者 
白川久美子「なにを食べたらいいの?実行委員会代表」

2017年5月20日 (土)21日(日)
鹿児島県民交流・フレッシュ枕崎・薩摩川内国際交流 3ヶ所 5回上映
  

 料金:600円  お客様:268名
◎アンケート回答者 175名  女性162名 男性13名
10代5名 20代21名 30代34名 40代19名 50代57名 60代35名 70代13名 80代4名
◎上映会情報を知ったメディア
友人・知人の口コミ 165名 チラシ2名 フェイスブック2名 WEB1名 
◎映画観賞後の175名の5段階評価
①ものすごく良かった153名 ②良かった21名 ③ふつう1名 ④良くなかった0名  ⑤不満だった
0名

わたしの告知活動
今回の上映委員会は 、「食品の裏側」の安倍 司先生をお呼びした時に
募ったスタッフに声かけして 協力をお願いしました。
サンプル盤で、上映委員会スタッフ内の試写会を2回に分けて
きちんと上映したのが良かったです。
スタッフ一人一人が 頑張ってくれました。
又、グループラインで連絡を密に取るようにし 2ヶ月前から
1週間おきに観客予約数を確認しました。
3会場とも 何度も 打合せをやったので  スムーズに上映会を終える事が出来ました。
初めての経験でしたが  終わった後には  みんなでアンケートを読み 反響の大きさに感動でした。
私の夢は、自分達が住む  薩摩川内市に
「高取保育園のような食育保育園を作る事」です。
これからも上映会を続けながら、地域の皆さんの共感を集めたいと思います。

 福岡上映会主催者 糸数亜紀恵  (三児の子を持つ主婦・ 食育活動家)
2016年9月24日 (土)25日(日) 文化センター 
上映会+我が家の食育発表会     料金800円 お客様143名

わたしの告知活動
まず、仲間(上映スタッフ)数人で、
チラシ、上映チケット販売の
一人あたりの持ち分を決めました。
採算ベースから逆算して、大体一人チケット20枚前後を担当。
チケット早くなくなった人は追加していきます。
その都度、グループラインで経過報告することで、
予想観客数を把握、 互いに刺激になり気持ちが上がります。
また、スタッフの意識が人任せでなくなるのでよかったです。

宣伝チラシは、人が集まる場所に掲示〔公民館、スポーツセンター、市役所、開催場所、保育園〕
SNSでの拡散、お店においてもらう〔美容院、生協、ベビマ教室、レストランなど〕

でも、一番効果的で確実なのは、やはり会って手渡しすること。
映画の内容をアピールできたり、私たちこんな想いでやってるよ、
だから観てほしいんだ!と主催者側の気持ちも語れるのでグッドです!
映画の上映と、「我が家の食育実践発表」とを組み合わせて企画をしました。
上映会まで1ヶ月という短い準備時間のなか、スタッフと一致団結してやってきましたが、
上映会が終わってみると、一番変わったのは、
実は、主催者である私たちの意識だったことに気づきました。
企画、準備、集客まで全て自分達でやったぞ!主婦でもやれるぞ!と😊

終わったあとはものすごい達成感があります!
自信にもつながり、スタッフがイキイキと。
母としても妻としても、人としても成長できる。
本当にやってよかったと思いました✨
素晴らしい機会を頂き、ありがとうございました。

これから上映会をされる方へ
この映画を見られて自分達がどう感じ、何を伝えたいのか?
自主上映会をする上での自分達の考えを持つことが大切だと思います。
一人の力はちいさなものです。
同じ思いの仲間で知恵を出し合い、協力しあうことが大切です。


◉熊本上映会主催者 よかあんばい
JAPAN    
中村あゆみさん 園木ひとみさん (子ども2人子育て中の主婦)
9月10日 (土)町民センター 上映会+みそづくりWS     50組予約完売
9月11日(日)大学チャペルで2回上映 
料金1500円 お客様104人

わたしの告知活動
◎チケットを分担販売するコアメンバーは3名で頑張りました。
当日の準備など、ボランティアで手伝ってもらったメンバーが数人います。
◎ HPからダウンロードしたデータを加工したオリジナルチラシを
仲間と手配して知り合い各所に配置、近隣の保育園幼稚園にも郵送しました。
◎ 地域新聞の告知スペースに2回出稿。
◎ 地元のテレビ番組に出演。ラジオでは5分ほど話せました。
できることは、楽しみながら、すべてやりました!

これから上映会をされる方へ
わたしたち、「よかあんばいJAPAN」は、
日本の伝統食お味噌を未来へつながなきゃ、もったいなか~」
「母から子へ、そして未来へ 命のリレー」という想いで活動しています。
熊本地震のあとに飲んだ味噌汁は、うまかったー。
上映会に向けて活動をはじめてから、
私たちの応援者がたくさんいらっしゃったことが、なにより嬉しかったです。
よし、次回は、もっとたくさんの人と、歌って、おどって、味噌作り~、というあんばいです。
自主上映会は、自分たちがワクワクするためにやっています、
とにかく楽しんでやりましょう。


◉「いただきます」プロデューサー安武信吾
「僕は、こうしてイベント集客を増やしてきました。」

僕が個人で主催している「いのちのうた」(千恵さんを偲ぶコンサート)で
住吉神社能楽殿を満員(300人、チケット3000円)にしていたころの体験談です。

当時は、まだ、SNSなどがない時代でした。
ネットを使った空中戦は、今の時代、とても大事です。
でも、チラシを使った地上戦も大切です。
大量に刷って、どかーんと配っても効果は期待できません。
誰にどのように「手渡す」か。印刷枚数は少なくても、1枚1枚を丁寧に使いました。 
100人集めるためは、まず、集める仲間を10人つくる(上映スタッフ)。
この10人も職業が違っていたり、年齢がバラバラのほうがいいです。
この人たちに100枚ずつチラシを渡して10人の観客を連れてきてもらう。
1人10人ならば、そう難しいことではありません。

同時にSNSも使う。SNSも使い方の工夫が大切です。
フェイスブックでいくらシェアしても、つながっている知り合いの中で情報が
ぐるぐると回っているばかりなので、広がりがあまり期待できません。
YOUTUBEの予告編映像を効果的に使ってみてはいかがでしょうか。
映画ですから、具体的な映像を見ないと心が動きません。
ホームページには、スマホでも見れるYOUTUBEの予告編映像が5種類掲載されています。
FACEBOOKにも、「シェアしていただきます」のページがあります。

「いただきます」は、まだ、それほど認知度がない新しい映画です。
地元初回の上映会でしたら、大きな会場、大量動員ではなく、
100人の会場からいっぱいにする。
アンケートでは、ほとんどの来場者の方が「すごく良かった」と言っていただけます。
回を重ねるごとに、どんどん上映の輪がひろがっていく、そういう映画だとおもいます。
上映後、感想をシェアする時間があるといいですね。

人と人のふれあいのある上映会こそ、
自主上映の素晴らしさではないでしょうか。
「いただきます」は市民有志の寄付金で作った手作りの映画です。
上映会の主催者の方たちも、来場された方も、
映画製作の仲間、製作スタッフなのだ、と思います。
未来の子どもたちのために、一緒に、すこしづつ広げていきましょう。

ありがとうございます!


★安武さんに、フェイスブックおともだち申請をされる場合は、
必ず、「いただきます」上映会主催者であること、上映会情報、
のメッセージを加えてくださいね。(いただきます製作員会より)

 

▲ページのトップへ